輝づき不動産鑑定の由来

輝づき
「輝づき」は「築き」、「気付き」。お客様・提携する不動産鑑定士・税理士・弁護士等の仲間と信頼関係を築くことを一番の目標としています。そして、間違いやミスに気付く高度な技術専門家を目指しています。
「アプレイザル」とは英語で「鑑定評価」という意味です。
「パートナース」とは、「仲間」。内外に同じ目標達成に向けて頑張る仲間がいることを意味します。言外に人間尊重、人材尊重の含みを持たせています。「輝づきアプレイザルパートナース」と名乗ることで、徹底した顧客尊重と人間関係の尊重を表明しています。

経営理念

昭和30年代から合理的な土地価格の形成のために、不動産鑑定士により脈々と続けられてきた取引価格の調査・把握。その不動産の専門家としての誇りと責任感に基づき、お客様の不動産に対するニーズを充足するために、専門知識・技術に裏付けられた「志」あるサービスを提供する。

ごあいさつ

近年の情報化社会の中で、不動産鑑定評価業務も、単なる土地鑑定評価に留まらず、輝づき不動産鑑定が得意とする、相続案件・継続賃料・借地権・底地・借家権等、複雑な案件の鑑定評価が求められる時代となってきました。また、単なる売買等に留まらず、相続・裁判等の調整まで、他の専門家と提携し、ノウハウを集約し、お客様の要望に応えて参る所存でございます。

KIZUKI APPRAISAL PARTNERS
〒530-0047
大阪市北区西天満4-9-12
リーガル西天満ビル5階502号室